日本への配送料は無料?所要日数は?

GearBest」で最も驚かされるのが、「基本送料無料」ということ。
アメリカ・ロシアの他、ヨーロッパの対象国、そして日本も無料配送対象国になっています。

「でも100ドル以上とかでしょ?」

と思ったらさらにびっくり。なんと1,000円台のものまで送料無料なんです。

これで本当に利益でるのか不思議ですが、Amazon出店ショップの中にも、深センから1000円前後のものを送料無料で配送しているところが結構あるので、実は非常に安く送れる方法があるのでしょうね。

配送方法と追加料金、配送所要日数

ただし「送料無料」だと、日数が15-30営業日と2週間以上かかります。
また配送時の取り扱いに不安がありますので、ある程度高額のものであればオプション配送料を払って、DHLなどにしたほうがいいでしょう。配送にかかる日数も大幅に短縮されます。

スマホやタブレットなどかさばらない高額商品は、DHL配送でも無料となります。

20161127_009

●配送方法(GearBest公式サイト)

配送方法 所要日数 配送料
Unregistered Air Mail
非書留航空便
15-30営業日 無料
Registered Air Mail
書留航空便
15-30営業日 オプション料(約0~300円)
Priority Line
優先便(航空便→国内はヤマト運輸・佐川)
5-10日 オプション料金(約0~900円)
Expedited Shipping
最速配送(DHL)
3-7日 オプション料金(約0~3,000円/800円前後の場合が多い)

「Registered」はいわゆる書留と同じ番号追跡されるより安全な配送方法なので、「Unregistered」はその追跡が行われないということを意味します。

日本への配送方法は、公式ブログに記事があります。上記の表の「オプション料金」の目安金額も、このブログ記事を参考にしたものです。
(日本語非ネイティブの方が書いていると思われます)

●「GEARBEST」運輸方式及び住所の入力(随時更新) – GearBest日本公式ブログ

それによると・・・

  • Priority Line(優先便)の場合は航空便で日本到着後はヤマト運輸か佐川
  • スマホ・タブレットなど高額商品は「Priority Line」「Expedited Shipping」が無料
  • 特定地域に居住の人がDHL利用選択した場合、30ドルの追加料金がかかる

商品によって配送オプション料金は変わる

実際の配送オプション料金を見てみましょう(確認方法はこちらのページを参考にしてください)。

まずはタブレットパソコンの場合。

20161127_010

20161127_011

スマホ・タブレットなど高額商品は、最短で届くDHLでも追加料金はかかりません。ただ住んでいるエリアによって30ドルの追加が発生する可能性があるので、その場合は「Priority Line(優先便)」で。

少し大きめの電動一輪車だとどうでしょう(Ninebot One E+ Unicycle with IPX5 Waterproof Level)。

20161127_012

この商品は、「日本への配送不可」となっていました。
すべての商品が日本から購入できるわけではないようです。

それでは小型ドローンはどうでしょう(Tiny QX90 90mm Wheelbase Racing Drone BNF)
梱包サイズは11x11x10cmと小さく、重さも140gのものです。

20161127_013

20161127_014

サイズが小さいこともあり、配送オプション料金も比較的低額です。

一方、もう少しかさばる大きなサイズの商品ではどうでしょう。

20161202_002

20161202_003

これは、超簡単設営できる簡易テントです。梱包サイズは80x80x6cm、重さは2.35kgとあります。

一般のAirmail便がなくなり、選べる配送手段は2種類のみとなりました。
うれしいことに、「Priority Line(優先便)」でも無料。しかもDHLより早く着く見込み(5~9日)となっています。DHLは書類やそれに準ずるものという前提があるので、商品の大きさやサイズによっては通常の航空便+宅配業者のほうが早いのかもしれません。

最後に安価なスマホケーブルを購入する場合。

20161127_017

20161127_018

時間がかかってもいいなら「Unregistered Air Mail(非書留航空便)」で注文すればいいと思いますが、そうでないなら国内で購入したほうがよさそげですね。

DHLで30ドルの追加料金がかかる「リモートエリア」とは?

DHLは、通常1,000円前後の配送オプション料金で利用することができます。
ただ住んでいる地域が都市部から離れた田舎の場合、追加でさらに「30ドル」がかかることがあります。

これについては、こちらのブログ記事に詳しく掲載されています。

●【GearBest配送方法】Expedited Shipping(DHL)で追加30ドル請求される地域を調べる方法 | Beヨンド

この記事によると、

  • 注文後にリモートエリアと判明するとメールで追加支払いを求められる
  • その時点で注文をキャンセルしたり、あるいは「Priority Line(優先便)」に変更できる
  • 事前に自分で該当地域かどうか調べることもできる

ようです。
公式サイトにも同じことが書かれていますが、上記ブログ記事が非常にわかりやすかったので、都市部にお住いの方以外は一度読んでおくといいと思います。

●海外通販サイト「GearBest」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です