小米のスマートウォッチ「Mi Band 2」

モニター商品としてGearBestから提供してもらった小米スマートウォッチ「Mi Band 2」。使い始めて今日で29日経過しましたが大満足です。

  • 非常に小さく腕に装着して邪魔にならない
  • 無駄のないスタイリッシュなデザイン
  • 歩数・心拍数はもちろん「睡眠時間」もしっかり計測
  • 長時間座りっぱなしだと振動で警告してくれる
  • 一度充電すれば3週間以上バッテリーがもつ!!!

何よりの魅力は・・・

「3,000円未満でこれだけの高機能」

という点です。

非常に小さく腕に装着して邪魔にならない

Xiaomi Mi Band 2
2,368円(送料無料)←2016年12月20日時点の価格

既に4週間、寝る時もお風呂の時も、ずっと装着したまま生活しています。肌あたりもよい柔らかいゴム製のバンドで、本体も非常に軽いため、まったく負担にならないのです。

20161124_006

本体とバンドは外すことができ、別の色のバンドを追加購入してはめ変えることもできます。

もちろん防水なので、シャワーも問題ありません。プールや湯船も大丈夫なはずですが、心配性なので湯船にどっぷり浸かる時だけ外しています。

20161124_014

重さは本体だけで9g。
標準同梱のバンド込で17gです。

もう10年以上腕に何もつけず生活していた自分ですが、これは自然とつけていられます。

無駄のないスタイリッシュなデザイン

20161124_026m

特別凝ったデザインではありませんが、無駄のないスタイリッシュさが気に入っています。

通常時は画面は真っ黒のまま。
下のほうの丸い部分をタッチすると時間表示となり、さらにタッチすると歩数や心拍数、バッテリー残量などが次々表示されます。

設定を変えると、タッチしなくても腕を持ち上げただけで時刻が表示されます(その表示スタイルもアプリで変更可能)。

20161124_022

何を表示させ、何を非表示にするかは、スマホ専用アプリで設定できます。

p1200831

全体的に丸みを帯びた作りになっています。
バンド自体も角がなく両サイドは曲線を描いているので、腕にあたって食い込むようなことはなく、またキーボードのタイピングなどで気になることもありません。

歩数・心拍数はもちろん「睡眠時間」もしっかり計測

2,000円台で買えてしまう格安スマートウォッチなので、正直大した期待をせず「壊れても惜しくないから」程度の気持ちで購入しました。

でも実際はかなりの高機能です。

歩数に心拍数はもちろんのこと、寝た時間・起きた時間、そして睡眠時間のうちの深い眠り・浅い眠りの内訳まででてくるんです。

img_2850

もちろん脳波を計れるわけもなく、動きと心拍数だけを元にしているはずなので、睡眠の質の内訳についてはさほど精度高くないと思います。
ただ寒くて何度も目覚めてしまった夜は浅い眠りの時間が長かったりするので、相対的なデータとして活用することはできるかなと思います。

img_3461

睡眠の履歴を見れば、過去の睡眠時間も一目瞭然。
一週間を振り返ってライフスタイルを反省するにも格好のデータとなります。

img_2801

また「毎日8,000歩以上を目標」と設定しておけば、それ越えた時にブルブルッと振動し、祝ゴール達成のアイコンが表示されます。スマホとBluetooth連携しているので、電話やFacebook等の着信のお知らせもブルッときます(OFFにもできる)。

他のユーザと友達としてつながると、他の人の歩数や睡眠時間も見ることができます。これ、実は便利な使い道があります。

「遠方に暮らす高齢の親に使わせる」

そうすれば、毎日どのくらい歩いているか、何時に寝て何時に起きたか、毎日確認することができるんです。バッテリーも長時間持つので安心ですよね。

長時間座りっぱなしだと振動で警告してくれる

実は使ってみて一番気に入ってるのがこの機能です。
フリーランスで在宅仕事をしているため、気付けば何時間も座りっぱなしになってしまうことがあります。身体にもよくないですが、何より長時間パソコンの画面を見っぱなしなのは、目に悪いですよね。

この「Mi Band 2」は、長時間座りっぱなしだと、ブルブルッと警告をしてくれます。

20161124_027

腕に目をやると、椅子に座った人が立ちあがって歩き出すモーションアイコン。「歩け」と言われた気がし、キーボードから手を放し、ストレッチしたり、飲み物をとりに別の部屋に歩いて行く、いいきっかけになっています。

一度充電すれば3週間以上バッテリーがもつ!!!

これ、使い始めて驚いたことのひとつです。
実際自分は開梱してフル充電した後、23日間もちました。

証拠がこれです。

img_3815

ただ最後1桁台になった後のスピードはちょっと早いようです。
23日目の朝方は残量6%となっていましたが、夕方に大きなブルブルがあり、その直後、画面は真っ暗に。

使い方によってはもっと短くなる場合もあると思います。
私はアラームは目覚まし代わりで一日一回、電話やメール、Facebookなどの着信はOFFにしていました。もしそれらをONにしていれば、バッテリーの持ちはもう少し短くなるはずです。

+ + +

もちろん、他社のスマートウォッチのほうが機能も充実していて性能ももっといいでしょう。ただ自分は1万円以上払ってまで買おうという気にはならなかったので、わずか2,000円ちょっとで買えるこの小米のスマート「Mi BAND 2」には大満足です。

この話をブログに書き、Facebookで紹介したところ、「私も欲しい!」という人が殺到し、把握しているだけでも6人の人がすぐ注文し、さらに共同購入を呼び掛けたところ、次々友人たちから「欲しい」との声があがり、まとめ買いをすることになりました。

img_3550

まさかの12個オーダー!!!

使い始めた知人たちの評価も軒並み良好で、これで2000円台ならコスパ良いと。壊れてもそれほど惜しくないので子供に・・・という方もいました。

私自身、まだ使い始めて一か月弱なので、耐久性などはまだ未確認です。
でも仮に三か月ほどで壊れたとしても、また同じ製品を再購入すると思います。気に入ってしまったので。

いつの間にか毎日の歩く歩数も増えてきました。
来年はもっと、自分の生活習慣を改善したいと思っているので、こういう自分の生活や状態を「数値化」して見せてくれるアイテムは重要です。

Xiaomi Mi Band 2
2,368円(送料無料)←2016年12月20日時点の価格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です